大工職人で有り続ける工務店

2016. 3/19 ジャパン建材フェア

KC4I0016
3月19日 
ジャパン建材主催による建材フェアがあり、東京ビックサイトに行きました。
材木屋さんに招待してもらい大型バスで、ちょっとした日帰り旅行です。



























道路が渋滞していたこともあり、到着が遅れてしまい
会場の中は既に大勢の人で賑わっていました。
LIXIL、NODA、コロナ、ダイキン、エイダイ・・・等の有名な建材、設備のメーカーが100社以上も連なって
他社に負けぬように商品をアピールしています。各メーカー共々、新商品をだす度にカタログを届けてくれるが、
正直、すぐに変わってしまうカタログについていくのが大変だし、
新商品の切り替わりで、旧カタログの処理をするたびに、製作費を思うと心が痛む。
各メーカーそれぞれ、他社に遅れを取らぬようにと必死です。   大手メーカーも大変だな~

  

到着が遅れた事もあるが、さすがに全社をまわるのは無理でした。会場がとても広すぎ💧💧 限られた時間の中で、当初よりお目当だった木下銘木店の木材はゆっくり見る事が出来ました。 豊富な銘木の中からほんの一部を、価格の低いものから紹介します。

ウォルナットのカウンター材    外材の広葉樹で日本ではクルミの仲間に辺ります。
削ると木目がきれいで、家具類によく使われる。
長さ2200×巾600×厚さ100→¥175.000

 

 

ケヤキ厚板     板目の木目が良く、重厚な質感があります。
長さ3400×巾680×厚さ90→¥235.000    なかなかいいお値段です。
もうすでに売約済みでした。景気がいいなぁ〜

   

 

 

ケヤキ厚板    テーブルの天板としても充分な巾が広い板ですね。
とても重厚感あり、赤ケヤキは光沢がある滑らかな美しい仕上がりになります。
この巾の広さだと、もとの樹径はどのくらいだったんだろう…   4~5m位かなぁ…
長さ2800×巾1050×厚さ75→¥780.000  だんだんと価格が上がります。   

          

 

 

天然秋田杉厚板    杉は日本で最も親しみやすい材種の1つだと思います。
種類も豊富で、価格の巾がとても広いです。秋田杉は代表的な種類だから価格はと言うと、
巾950×厚さ75×長さ4000  →¥1,480,000♪♪♪      いっきに値上がります。
                          ブランド力はスゴイ!!

 

 

屋久杉幅広板    屋久杉も代表的な杉であり、樹齢が長く高価格ですが、
長さ2000×巾1100×厚さ60→¥2.000.000☆☆☆     高すぎ!!
世界遺産登録の影響かなぁ……

  

 

 

花林   床板や、家具材などで使われる外材の広葉樹です。
木質は重厚で、木目は緻密できれいですが、
こんな大きさは見たことがありません。圧巻です。
価格は・・・
¥5.000.000  Σ(゚д゚lll)・・・・
もうどうでもいい値段です・・・ 
目の保養にはなるが、買う人いるのかなぁ。

   


やはり銘木は価値がすごい。
これらの銘木を家の要所に使用したら良くなるのか・・・必ずしろ、そうではないと思います。
きっと、銘木の主張が強すぎて室内のイメージのバランスが崩れてしまうでしょう。
高価な物が決して良いわけでわなく、安価であっても、それぞれの暮らしに合った素材を、
如何に上手く活かし、表現することができるか。それこそが大事なことだと思います。きっと・・・・。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

営業時間・情報

0463-75-3772
8:00~18:00 日曜・祝日除く
ページ上部へ戻る